Profile

JP    /    EN

佐藤和哉

篠笛奏者 / 作曲家

  九州は佐賀県唐津市の海辺に生まれる。
中学生で「唐津くんち」の囃子を学び、この時初めて横笛に触れる。
ピアノ、ドラム、ギター弾き語りなど、音楽に没頭する 少年期を過ごす。
大学卒業後、篠笛と出会い、その音色に魅了され、また、自身の想いを歌として表現するのにもっとも適しているのがこの楽器であることに気づき、篠笛奏者の道を志す。
2012 年06 月には国宝・薬師寺東塔解体式典「宝珠降臨法要」にて献笛を勤める。
近年では、作曲家としての活動も展開し、2013年NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ(ゆず)」には、モチーフとして自身作曲の「さくら色のワルツ」が採用され、作曲に携わる。 
また同作は、2014年日本レコード大賞 優秀作品賞を受賞。
2016年には、佐賀県嬉野市の曲「ふるさとの空よ」を制作。
同年、日本コロムビアからメジャーデビュー。
「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤和哉作品の数々は、今を生きる自分の心と素直に向き合うことで紡ぎだされる。
その旋律を、素朴で優しく、しかし芯のある篠笛の音で唄いあげる“詩のない歌”は、聴く者に懐かしさや温かさ、優しさが万国共通のものであることを感じさせる。

 

主な経歴

2018年04月 佐賀県立嬉野高等学校の校歌『若き命よ(作詞作曲:佐藤和哉)』を制作

2017年12月 自身初のカバーアルバムとなるメジャー2ndアルバム『唄の音』を発表
2017年05月 奈良 薬師寺「玄奘三蔵会大祭」伎楽にて、主役の「三蔵法師」を務める
2017年02月〜03月 全国縦断 にっぽん演歌の夢祭り にてオープニングアクトを務める
2017年01月 映画「本能寺ホテル」オープニングテーマ曲にて篠笛演奏を担当
2016年09月 日本コロムビアよりメジャー1stアルバム『フエウタイ』を発表
2016年01月 佐賀県嬉野市の市歌『ふるさとの空よ(作詞作曲:佐藤和哉)』を発表
2015年09月 UNIQLO 2015 アウターコレクション TVCMに起用される
2014年12月 ゆずとの共同作曲作品「雨のち晴レルヤ」が2014年日本レコード大賞 優秀作品賞 受賞
2014年09月 2ndアルバム収録楽曲「古道」が、熊野本宮大社「瑞鳳殿」テーマ曲に決定
2014年05月~09月 ゆずアリーナツアー2014「新世界」にサポートミュージシャンとして参加
2013年12月 紅白歌合戦 ゆず『雨のち晴レルヤ』にハレルヤ楽団として出演
2013年09月 ゆず『雨のち晴レルヤ』のモチーフに自身作曲「さくら色のワルツ」が採用され楽曲制作に参加。
       また、同作は、NHK連続ドラマ小説「ごちそうさん」の主題歌に決定
2012年06月 奈良 薬師寺 国宝・東塔「宝珠降臨法要」にて篠笛献笛

Kazuya Sato

Bamboo flute player / Composer

Born on Japan's southern island of Kyushu, Karatsu, Saga Prefecture.

His first encounter with the Japanese flute was as a junior high-school student, when he learned to play a traditional song for the local Karatsu Kunchi Festival.

 

He then spent his teenage years immersed in music, as he learned to play the piano, the drums and the guitar. After graduating from university, he discovered the shinobue bamboo flute and felt mesmerized by its sound. He soon realized that this was the instrument which could best help him express himself, and thus chose the path of a shinobue bamboo flute player.

 

In June 2012, he had the honor of performing during a special Buddhist ceremony at the Yakushi-ji Temple, Nara Prefecture, which is one of Japan’s UNESCO World Heritage Sites.

Over the years, he has also been active as a songwriter. In 2013, he took part in the composition of NHK TV drama “Gochisosan”‘s theme song, “Ame nochi Hareruya”, which was performed by popular Japanese music duo Yuzu, and for which his original song Sakura-iro no Waltz was selected as motif. The next year, “Ame nochi Hareruya” was granted the Song of the Year Award at the 2014 Japan Record Awards.

 

Kazuya Sato’s music, while often associated with a feeling of nostalgia, is the product of his sincere experience living in the here and now. His subtle melodies, simple, yet marked by the distinctive sound of the Japanese shinobue, come together to form a gentle sound – somehow warm, somehow familiar, a wordless song that transcends all borders.

 
 

Copyright © 2019 FUCHISOU Inc. All Rights Reserved.