• 篠笛奏者 佐藤和哉 | Kazuya Sato

京都「五山の送り火・灯籠流し」

最終更新: 2018年11月5日


空が夕焼けから闇へと移る頃、普段は人のまばらな広沢の池が、この時ばかりは人の波に溢れていた。


遍照寺から聞こえてくる読経の声。

人垣を縫って池を覗くと、色とりどりの温かな光を灯す沢山の灯籠が、静かに漂っていた。


これらひとつひとつに、それぞれ大切な人の想い出や祈りが込められているんだろうな。


そう思いながら、この幻想的な光景を眺めていると、もう会えないはずの亡き人の魂が、本当にそこにいるような気がしてくる。

胸中、想い出が駆け巡る中、穏やかな歓声とともに、彼方の山に火が走り始めた。

やがてその火は鳥居を型取り、うっすらと陽炎を揺らめかせながら浮かび上がらせた。


永きに渡り、この地で受け継がれてきた壮大な儀式。

夢幻的なその炎が輝いていたのは、ほんの束の間のこと。

まるで夢のように、あっという間に光は闇夜に消えてしまった。


沢山の人の想いと祈りを抱いて、魂が天界へと召されていったかのようだった。


2018.08.16



Copyright © 2020 FUCHISOU Inc. All Rights Reserved.