• 篠笛奏者 佐藤和哉 | Kazuya Sato

瀬戸内海 にっぽん丸クルーズ

最終更新: 2018年6月17日


島のある海の景色は、良い。 海原に浮かぶ絵になる島に出会うと、想像力が掻き立てられる。

「なんであんな形になったのかな」 「人は住んでるのかな」 「どんな歴史があるのかな」

そんなことがふわふわと、脳裏に浮かぶ。

特に瀬戸内海は、面白いカタチの島々に沢山出会える。 可愛らしい小島や極端な三角形など、様々な形の島々がそこかしこに点在し、眺めていて飽きない。

そんな島々の間をゆったりと進んでいくフェリーでの旅は、実に優雅で、安らぎに満ちていた。 暁の風の匂い、昼間の煌めく水面、夕焼けの雲、夜の静けさ、遠くの島に降る雨。 巨大な橋も流れゆく景色に華を添え、いざくぐる際には、なんだかワクワクしてしまう。

懸命に歩んできた道のりでふと足を止め、静かに移りゆく窓辺に心を泳がせ、歩んできた道を振り返る。

そんな景色に、笛の音を添えるとしたら、、、

2018.06.12

・・・・・・・・・

にっぽん丸

https://www.nipponmaru.jp/

・・・・・・・・・







#瀬戸内海

#にっぽん丸

#JOURNEY

#FLUTE

#篠笛

#旅紀行

#佐藤和哉

#島

#6月12日

Copyright © 2020 FUCHISOU Inc. All Rights Reserved.