*重要なお知らせ*

昨今の新型コロナウィルスの影響により、本公演は『延期』することとなりました。

公演を楽しみにお待ちいただいておりました皆様には、ご迷惑をお掛けいたしますが、感染の拡大を収束するべく、判断とさせていただきました。何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

また、本公演の振替開催日程は下記の通りです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

日時:2020年11月21日(土) OPEN 14:00 / START 14:30

場所:長崎 島原市有明総合文化会館「グリーンウェーブ」

WEB:https://www.kazuyasato.com/20201121

​◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

*チケットに関して*

ご購入されたチケットは、そのまま「振替公演(2020/11/21(土)開催)」のチケットとしてご利用いただけます。

​大切に保管ください。​お電話での受付の方も、そのまま「受付済み」となります。

*チケット代金払い戻しに関して*

また「振替公演の日程都合が合わない方」「払い戻しご希望の方」へは、ご購入のプレイガイドでチケット代金の払い戻しを行います。払い戻し方法に関しましては、ご購入先の払い戻し方法に従いご返金となります。

 

■「島原市有明総合文化会館」にて購入された方

http://www.ariake-bunka.jp/news/

【お問合せ】島原市有明文化会館 TEL 0957-68-5800(10:00~18:00)

■「FUCHISOU ONLINE」にて購入された方

​https://form.run/@refund20200531

​上記のURL先のフォームより払い戻しに関しての情報を送信ください。

*問い合わせ先*

本公演に関してご不明点ございましたら、下記の問い合わせ先へお願いいたします。

TEL:050-3707-0857(ふうち草)

チラシ-20200531-おもて-300.png
島原市有明文化会館 共催事業
佐藤和哉 篠笛コンサート
~懐かしき唱歌に寄せて~

2020年5月に長崎島原での「初」の公演が決定しました。佐藤和哉の唄うように奏で、どこか懐かしい篠笛の音色をお楽しみください。

[開催日時]
2020年5月31日(日) 長崎 島原市有明文化会館「グリーンウェーブ」
OPEN 14:00 / START 14:30 / 休憩あり / 終演予定 16:10
[出演]
佐藤和哉(篠笛)
[チケット]
(全席指定席)
前売[一般] 2,000円(税込)
前売[中学生以下] 1,000円(税込)
*当日券は、それぞれ「+500円」となります。
*前売券で完売した場合、当日券の販売はございません。
[問い合わせ]
[注意]
未就学児入場不可
∨∨∨ チケットプレイガイド ∨∨∨
チケットの購入窓口のアイコン素材_edited.png
[窓口販売]
[チケット販売窓口]島原市有明文化会館
[受付時間]9:00-17:00 休館日:毎週火曜日<火曜日が祝日の場合は翌日>
[TEL]
発売開始 2/13〜
プッシュ電話のフリーアイコン.png
[電話受付]
[チケット販売窓口]島原市有明文化会館
[受付時間]9:00-17:00 休館日:毎週火曜日<火曜日が祝日の場合は翌日>
[TEL]
発売開始 2/13〜
佐藤和哉 | 篠笛奏者 | Kazuya Sato
[WEB購入(お支払い完了後 実券郵送となります)]
[チケット販売窓口]FUCHISOU Online / ふうち草オンライン
[チケット購入方法]WEB購入(支払対応:クレジット・コンビニ・銀行振込)
[購入サイトURL]
発売開始 2/13〜
∨∨∨ 会場案内 ∨∨∨
長崎
会場:島原市有明文化会館「グリーンウェーブ」
住所:長崎県島原市有明町大三東戊1382
[ アクセス ]
<駐車場> 無料駐車場あり
∨∨∨ 出演者 ∨∨∨
佐藤和哉 | 篠笛奏者 | Kazuya Sato
佐藤和哉(篠笛奏者・作曲家) 
http://www.kazuyasato.com/

 

九州は佐賀県唐津市の海辺に生まれる。

中学生で「唐津くんち」の囃子を学び、この時初めて横笛に触れる。

大学卒業後、篠笛と出会い、その音色に魅了され篠笛奏者の道を志す。

現在、日本を拠点に国内外で音楽活動を展開。

作曲家としての活動も展開し、2013年NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ(ゆず)」には、モチーフとして自身作曲の「さくら色のワルツ」が採用され、作曲に携わる。

また同作は、2014年日本レコード大賞優秀作品賞を受賞。

2016年01月、佐賀県嬉野市の歌曲を制作。「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤和哉作曲作品の数々は、聴く者に「はじめてなのに、懐かしく、胸があつくなる」感情を与え、素朴で優しく、しかし芯がある、心の中にすっと落ちてくる音色を奏でる。