第2回となる今回の旅のテーマは、佐藤和哉の生い立ちにフォーカス。 普通の旅では、まず行かないであろう佐藤和哉のゆかりのスポットへも。 今回も唐津市内では佐藤和哉がバスガイドさせていただきます!!

 

乗降場所組合せ自由

​となりました!

博多駅​ or 唐津駅

 

------------- ​申込方法 -------------

 

申し込み

受付中

 

kazuyasato-shinobue-bus2019-OMOTEmini.jp
kazuyasato-shinobue-bus2019-URAmini.jpg

申し込み

受付中

 

------------- ​唐津 -------------

 

一般社団法人 唐津観光協会 HP:http://www.karatsu-kankou.jp/

 

佐藤和哉(篠笛奏者・作曲家) 
http://www.kazuyasato.com/

 

九州は佐賀県唐津市の海辺に生まれる。

​唐津観光大使。

中学生で「唐津くんち」の囃子を学び、この時初めて横笛に触れる。 

大学卒業後、篠笛と出会い、その音色に魅了され篠笛奏者の道を志す。

現在、東京を拠点に国内外で音楽活動を展開。

作曲家としての活動も展開し、2013年NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ(ゆず)」には、モチーフとして自身作曲の「さくら色のワルツ」が採用され、作曲に携わる。

また同作は、2014年日本レコード大賞 優秀作品賞を受賞。

2016年01月、佐賀県嬉野市の歌曲を制作。

「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤和哉作曲作品の数々は、聴く者に「はじめてなのに、懐かしく、胸があつくなる」感情を与え、素朴で優しく、しかし芯がある、心の中にすっと落ちてくる音色を奏でる。

Copyright © 2019 FUCHISOU Inc. All Rights Reserved.