日本古来の竹の横笛「篠笛」の奏者として、今、最も注目されているアーティスト、佐藤和哉。
佐藤の篠笛の音色は、まるで歌を唄うように奏で『二十一世紀ノスタルジア』と評される。
今回新たな試みとして、初の編成でお届けする「篠笛奏者 佐藤和哉 MUSIC LOUNGE」を開催。

​篠笛の音色の新たなハーモニーをお楽しみに。

 

------------- ​公演概要 -------------

【タイトル】   篠笛奏者 佐藤和哉「MUSIC LOUNGE」

 

【出  演】   佐藤和哉(篠笛)・沢田穣治(コントラバス)・馬場孝喜(ギター)

【日  時】   11月17日(土)[ 完売/SoldOut ]【東京】南青山 月見ル君想フ  開場 12:00 / 開演 12:30 / 終了予定 14:00
         11月18日(日)
​​[ 完売/SoldOut ]【大阪】天満ガーデン 開場 18:00 / 開演 18:30 / 終了予定 20:00

【料  金】 全席指定席]前売 4500円   /   当日 5000円

【備  考】  東京会場「南青山 月見ル君想フ」のみ、入場時1ドリンク代「¥600」別途必須

 

【主  催】  日本コロムビア株式会社・株式会社ふうち草

【お問合せ】 [チケット・公演に関するお問合せ]ふうち草 Tel. 050-3736-8789

 

------------- ​attention -------------

*​未就学児 入場不可。

*全席指定席です。購入順に前方席より発券されます。

 

------------- ​チケット プレイガイド -------------

 

[チケット郵送発券]

[チケット販売窓口]FUCHISOU Online / ふうち草オンライン

[チケット購入方法]WEB購入(クレジット・コンビニ・銀行振込 支払対応)

[URL]https://fuchisou.stores.jp/

 

一般チケット販売

​9月21日〜

 

[電子チケット発券 ☆要スマートフォン]

[チケット販売窓口]FUCHISOU Online / ふうち草オンライン

[チケット購入方法]WEB購入(クレジット・コンビニ・銀行振込 支払対応)

[URL]https://fuchisou.stores.jp/

 

[電話予約]

[チケット販売窓口]ふうち草(ふうちそう)

[チケット購入方法]電話予約

[営業時間]11:00〜18:00

[TEL]050-3736-8789

 

------------- ​会場マップ -------------

 

2018年11月17日(土)

【東京】

南青山 月見ル君想フ

東京都港区南青山4−9−1

シンプル青山ビルB1F

開場 12:00 / 開演 12:30

 

2018年11月18日(日)

【大阪】

天満ガーデン

大阪府大阪市北区天神橋3-4-14

開場 18:00 / 開演 18:30

------------- 出演者 -------------

 

佐藤和哉(篠笛奏者・作曲家) 
http://www.kazuyasato.com/

 

九州は佐賀県唐津市の海辺に生まれる。

中学生で「唐津くんち」の囃子を学び、この時初めて横笛に触れる。 

大学卒業後、篠笛と出会い、その音色に魅了され篠笛奏者の道を志す。

現在、東京を拠点に国内外で音楽活動を展開。

作曲家としての活動も展開し、2013年NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ(ゆず)」には、モチーフとして自身作曲の「さくら色のワルツ」が採用され、作曲に携わる。

また同作は、2014年日本レコード大賞 優秀作品賞を受賞。

2016年01月、佐賀県嬉野市の歌曲を制作。

「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤和哉作曲作品の数々は、聴く者に「はじめてなのに、懐かしく、胸があつくなる」感情を与え、素朴で優しく、しかし芯がある、心の中にすっと落ちてくる音色を奏でる。

沢田穣治(コントラバス奏者・作曲家・編曲家)
http://titialfa7.wixsite.com/jyojisawada

 

ショーロクラブのコントラバス奏者であり様々な楽器を愉し、多岐にわたる音楽制作に携わってきている。

近年の主な作品には「NO NUKES JAZZ ORCHESTRA」、「武満徹ソングブック」等がありプロデユーサーとしては近年、日本初録音となるピアノ内部奏法作品ジョージ・クラム作曲の『マクロコスモス II』、畠山美由紀「歌で逢いましょう」などをプロデュース。

南米、欧州などの音楽家との関係も親密で90年代から親交のあったサイモンフィッシャーターナーとはアンビエント作品を多く共作している。

作曲家 としては横浜市文化振興財団作曲家シリーズで選出されたほか、フォンテックから室内楽作品集『silent movie』 もリリース。

近年は京都に居を移しバシェ音響彫刻にも関わっている。

馬場孝喜(ギタリスト)
http://babaviolao.wixsite.com/babatakayoshi

 

京都府出身。中学時代からギターを始める。

2004年、ニューヨーク〜ブラジルに渡航し、 ギタリストBilinho Teixeiraに師事。 ボサノバ、サンバ、ショーロなどのブラジル音楽に傾倒する。

2005年ギブソン・ジャズギターコンテスト最優秀ギタリスト賞受賞。

2006年11月25日に京都コンサートホールで行なわれた「佐山雅弘 PLAYS ゴールドベルク変奏曲」第二部の佐山雅弘トリオに参加。

2008年より拠点を関西から東京に移す。

佐山雅弘、井上智、大坂昌彦、沢田穣治など多数のミュージシャンと共演。

現在、自身のグループや様々なセッション、レコーディング、講師など幅広く活動している。

2013年11月20日、初となるリーダーアルバム『GRAY – ZONE』をSong & Co.レーベルよりリリース。

Copyright © 2019 FUCHISOU Inc. All Rights Reserved.