篠笛奏者 佐藤和哉

​タ

コンサート2017

with KOHKI(ギター)

@ 京都 本法寺 巴の庭 大書院

2017年11月25日(土)

[ 完売 ] ​午前の部 開場 11:00 / 開演 11:30

[ 完売 ] ​午後の部 開場 15:00 / 開演 15:30

 日本古来の竹の横笛「篠笛」の奏者として、今、最も注目されているアーティスト、佐藤和哉。

まるで歌を唄うように奏で『二十一世紀ノスタルジア』と評されるその独特な音色を以って展開している「季節のウタ」シリーズ。

2017年「秋のウタ」も開催決定。

秋に聴きたくなる名曲やオリジナル曲を、哀愁漂う艶やかなギターに定評のあるKOHKI氏と共に、アコースティックなサウンドで

お届けします。篠笛とギターで織り成す秋の情景をお楽しみください。

 

 本阿弥光悦作「三巴の庭」をのぞむ大書院。国の名勝に指定。

枯滝石組(三尊石組)は室町時代の手法を巧みに再現され、一段落して配置された縦縞模様をもつ青石により水流の落ちる様相を表現している。

 

------------- ​公演概要 -------------

【タイトル】  篠笛奏者 佐藤和哉「秋のウタ」コンサート2017  with  KOHKI(ギター)

 

【出  演】  佐藤和哉・KOHKI

 

【日  時】  2017年11月25日(土) 

        [ 完売 ] 午前の部 開場 11:00   /   開演 11:30   /   終演(予定) 13:00

        [ 完売 ] 午後の部 開場 15:00   /   開演 15:30   /   終演(予定) 17:0

【会  場】  本法寺 巴の庭 大書院(京都市上京区小川通寺ノ内上ル本法寺前町617番地)

 

【料  金】 全席指定席]前売 ¥4,000 / 当日¥4,500

 

【主  催】  日本コロムビア株式会社・株式会社ふうち草

【お問合せ】 [チケット購入に関するお問合せ]キャピタルヴィレッジ Tel.03-3478-9999

       [公演に関するお問合せ]ふうち草 Tel. 050-3736-8789

 

------------- ​attention -------------

*​未就学児 入場不可。

*全席指定席です。購入順に前方席より発券されます。

 

------------- ​チケット プレイガイド -------------

 

[一般販売]

[チケット販売窓口]ローソンチケット

[チケット購入方法]コンビニ購入(LAWSON)

[販売期間]8月15日(火)10:00 〜 11月20日(月

[Lコード]52340

[URL]https://goo.gl/GFrHs0

 

[一般販売]

[チケット販売窓口]チケットぴあ

[チケット購入方法]コンビニ購入(セブンイレブン)又は ぴあ窓口

[販売期間]8月15日(火)10:00 〜 11月20日(月)

[Pコード]340-963

[URL]https://goo.gl/0thu6H

 

[一般販売]

[チケット販売窓口]イープラス

[チケット購入方法]WEB購入

[販売期間]8月15日(火)10:00 〜 11月20日(月

[URL]https://goo.gl/CHmqRA

 

[一般販売]

[チケット販売窓口]キャピタルヴィレッジ

[チケット購入方法]電話予約購入

[販売期間]8月15日(火)〜 11月20日(月

[営業時間](平日)11:00〜18:00

[TEL]03-3478-9999

 

------------- ​会場マップ -------------

 

[ アクセス ]

●  ●  ●  ●  ●  

<電車でお越しのお客様>地下鉄 烏丸線 鞍馬口駅から徒歩15分

●  ●  ●  ●  ●  

<市バスでお越しのお客様>市バス9系統 堀川寺之内バス停から徒歩3分

●  ●  ●  ●  ●  

<お車でお越しのお客様>敷地内には駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

 

------------- 出演者 -------------

 

佐藤和哉(篠笛奏者・作曲家) 
http://www.kazuyasato.com/

 

九州は佐賀県唐津市の海辺に生まれる。

中学生で「唐津くんち」の囃子を学び、この時初めて横笛に触れる。 

大学卒業後、篠笛と出会い、その音色に魅了され篠笛奏者の道を志す。

現在、東京を拠点に国内外で音楽活動を展開。

作曲家としての活動も展開し、2013年NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ(ゆず)」には、モチーフとして自身作曲の「さくら色のワルツ」が採用され、作曲に携わる。

また同作は、2014年日本レコード大賞 優秀作品賞を受賞。

2016年01月、佐賀県嬉野市の歌曲を制作。

「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤和哉作曲作品の数々は、聴く者に「はじめてなのに、懐かしく、胸があつくなる」感情を与え、素朴で優しく、しかし芯がある、心の中にすっと落ちてくる音色を奏でる。

KOHKI(ギタリスト・サウンドプロデューサー) 
http://studiokohki.com/

 

幼少から音楽制作を始め‘00年、15歳でデビュー。

以後Sony Musicよりリリースを重ね、音楽専門誌から高い評価を受ける。

CM音楽制作では資生堂、キャノン、EDWIN、TOYOTAなどを手掛け‘04年、フリーランスとなった後、土蔵を改築した「STUDIO-KOHKI」を拠点に活動を開始。

音楽講師なども勤める傍ら、ユニット「monkbeat」に参加し、UA、Sandiiらをゲストに迎えたアルバムをリリース。

‘09年、自主制作アルバム「Close the Door : Open」をリリース。

‘11年、ドイツ・ベルリンへ渡りライヴ活動を精力的に行う。

‘12年、パリのイベント「JAPAN EXPO 2012」に三味線奏者として出演。

近年は、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌の共作者としても知られる「篠笛奏者 佐藤和哉」をはじめ、インストゥルメント奏者のプロデュースを数多くこなす。

Copyright © 2019 FUCHISOU Inc. All Rights Reserved.