2016年、メジャーデビューを果たした佐藤和哉。

『二十一世紀ノスタルジア』と評される佐藤和哉の篠笛の音色が詰まった 最新アルバム「フエウタイ」を引っさげ、ふるさと唐津へ帰ってきます!  

 サポートミュージシャンには、

本作にもサウンドプロデューサーとして参加した「KOHKI」。

そして、スペシャルゲストに、

ゴスペラーズ「永遠に」の作曲者としても知られているピアニスト「妹尾 武」

を迎え、ツアーファイナル唐津公演を彩ります。

 

また、開催日「4月29日」は、

☆ 唐津のお祭り「唐津くんち」の春季例大祭。

ユネスコ無形文化遺産登録された曳山14台が会場広場に勢ぞろい。

☆ 唐津の街中は「唐津やきもん祭り」開催中。

 

唐津をまるごと楽しんでいただける日になる事と思います!!

 

------------- ​公演概要 -------------

【タイトル】  篠笛奏者 佐藤和哉「故郷ただいま」コンサート

 

【出  演】  佐藤和哉・妹尾 武・KOHKI

 

【日  時】  4月29日(土・祝) 開場 13:00 / 開演 13:30

 

【会  場】  唐津市民会館 大ホール(佐賀県唐津市西城内6−33)

 

【料  金】 [S席 [1階] / 自由席]       (前売)¥3,500  / (当日)¥4,000

       [A席 [2階・3階・4階] / 自由席](前売)¥3,000  / (当日)¥3,500

 

【主  催】  日本コロムビア株式会社・株式会社ふうち草

【お問合せ】 [チケット購入に関するお問合せ]キャピタルヴィレッジ Tel.03-3478-9999

       [公演に関するお問合せ]ふうち草 Tel. 050-3736-8789

 

------------- ​attention -------------

今回は、未就学児(小学生未満のお子様)の入場不可となります。

*未就学児お連れの方は、会場にて「託児所」をご用意いたしますので、こちらをご利用ください。

*また、託児所ご利用ご希望の方は、「4月15日」までに、下記のTELまたはMAILまでご連絡ください。

​*[託児所の申し込み・問合せ] ふうち草  Tel:050-3736-8789 / Mail:m.fuchisou@gmail.com

 

------------- ​チケット プレイガイド -------------

 

[チケット販売窓口①]店頭直売販売所

[販売開始]2月1日(水)

[場所]唐津観光協会(唐津駅内:佐賀県唐津市新興町2935−1)

[営業時間]09:00〜18:00

[TEL]0955-74-3355

 

[チケット販売窓口④]コンビニ購入(セブンイレブン)又は ぴあ窓口

[販売開始]1月21日(土)〜

[場所]チケットぴあ

[Pコード]321-815

[URL]https://goo.gl/0thu6H

 

[チケット販売窓口⑤]コンビニ購入(LAWSON)

[販売開始]1月21日(土)〜

[場所]ローソンチケット

[Lコード]82143

[URL]https://goo.gl/GFrHs0

 

[チケット販売窓口⑥]WEB購入

[販売開始]1月21日(土)〜

[場所]イープラス

[URL]https://goo.gl/CHmqRA

 

[チケット販売窓口②]電話購入

[販売開始]1月23日(月)〜

[場所]キャピタルヴィレッジ

[営業時間](平日)11:00〜18:00

[TEL]03-3478-9999

 

[チケット販売窓口③]WEB購入

[販売開始]1月21日(土)〜

[場所]キャピタルヴィレッジ

[URL]https://goo.gl/n9c8Jn

 

------------- ​会場マップ -------------

 

[福岡から車で]...  浜玉有料道路経由、国道204号線へ。約1時間。

[佐賀から車で]...  国道203号線へ。約1時間。

[JR最寄駅]...  JR筑肥線唐津駅下車(徒歩15分)

[バス最寄停留所]...  大手口バスセンター(徒歩5分)

 

------------- 出演者 -------------

 

佐藤和哉(篠笛奏者・作曲家) 
http://www.kazuyasato.com/

 

九州は佐賀県唐津市の海辺に生まれる。

中学生で「唐津くんち」の囃子を学び、この時初めて横笛に触れる。 

大学卒業後、篠笛と出会い、その音色に魅了され篠笛奏者の道を志す。

現在、東京を拠点に国内外で音楽活動を展開。

作曲家としての活動も展開し、2013年NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ(ゆず)」には、モチーフとして自身作曲の「さくら色のワルツ」が採用され、作曲に携わる。

また同作は、2014年日本レコード大賞 優秀作品賞を受賞。

2016年01月、佐賀県嬉野市の歌曲を制作。

「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤和哉作曲作品の数々は、聴く者に「はじめてなのに、懐かしく、胸があつくなる」感情を与え、素朴で優しく、しかし芯がある、心の中にすっと落ちてくる音色。

スペシャルゲスト 妹尾 武(ピアニスト・作曲家) 
http://www.senootakeshi.com/

 

1969.12.26. 神戸生まれ。

小学生の頃からピアノを始める。 1984年、大阪フィルハーモニーと 「Rhapsody in blue」を共演。

その後、平吉穀州氏に出会い作曲を師事。

1995年、大学在学中に作曲した「So Heavenly.」が、細野晴臣選曲・監修のコンピレーションアルバム「ecole」(EPIC SONY) にSenoo名義で収録されたのを機に、プロとしての音楽活動を開始。

同作品はフジテレビ系深夜番組「かしこ(監督:片岡K)」のオープニングテーマに起用された。

以降、The Gospellers、松任谷由実、加藤登紀子、谷村新司、大貫妙子、村上“ポンタ”秀一、天野清継、

小沼ようすけ、藤原道山、古川展生、夏川りみ、Clementine、Fried Pride、といったアーティストのレコーディングやライブセッションに参加。 また、作曲家・作詞家としても様々なアーティストに楽曲提供をしている。好きな映画は「男はつらいよ」、全48作を所持。

その影響を受け自らのコンサート企画「港めぐりツアー」を毎年行っている。

最も敬愛する音楽家はセルゲイ・ラフマニノフ。

サポートミュージシャン KOHKI(ギタリスト・サウンドプロデューサー) 
http://studiokohki.com/

 

幼少から音楽制作を始め‘00年、15歳でデビュー。

以後Sony Musicよりリリースを重ね、音楽専門誌から高い評価を受ける。

CM音楽制作では資生堂、キャノン、EDWIN、TOYOTAなどを手掛け‘04年、フリーランスとなった後、土蔵を改築した「STUDIO-KOHKI」を拠点に活動を開始。

音楽講師なども勤める傍ら、ユニット「monkbeat」に参加し、UA、Sandiiらをゲストに迎えたアルバムをリリース。‘09年、自主制作アルバム「Close the Door : Open」をリリース。

‘11年、ドイツ・ベルリンへ渡りライヴ活動を精力的に行う。

‘12年、パリのイベント「JAPAN EXPO 2012」に三味線奏者として出演。

近年は、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌の共作者としても知られる「篠笛奏者 佐藤和哉」をはじめ、インストゥルメント奏者のプロデュースを数多くこなす。

------------- ​ゴールデンウィーク 唐津市内のイベント -------------

 

*4月29日・・・唐津くんち春季例大祭。 http://www.asobo-saga.jp/event/detail.html?id=1437

         10:00〜15:00

         唐津神社の春季例大祭。唐津くんちの曳山14台が神社前に勢揃いする。(雨天中止の場合あり)

 

*4月29日〜5月5日・・・唐津やきもん祭り

              唐津焼の祭典。唐津市内各所で唐津焼の販売や関連イベントが開催されています。

 

​唐津観光協会WEBページ( http://www.karatsu-kankou.jp/ )

 

Copyright © 2019 FUCHISOU Inc. All Rights Reserved.